サービス
SERVICE

サービスの流れ

STEP
01

ご訪問

お問合せいただいてから、早くて数日で訪問致します。
お客様の抱えておられるお困り事をしっかり把握し、商品説明など的確にご提案致します。

STEP
02

現場下見

現在お客様がどのような場所で、どのような環境で、何をどれぐらい排出(処理)しておられるか、直接確認致します。

STEP
03

お見積り

お客様のご要望に沿った提案を、適正価格にて御見積致します。

STEP
04

ご注文

提案内容、価格にご納得いただいてからご注文いただきます。

STEP
05

設計・製作

ご注文内容に基づき設計致します。規格以外の製品や変更点を設計します。安全性を第一に、焼却効率や利便性も含め最善の仕様にします。

鉄は熱を加えると、変形しやすくなります。この特性を考慮して、図面どおり確実に加工していきます。

届出不要の炉内のサイズは、床面積が0.5㎡未満。大人1人がやっと入れるスペースの中で、もくもくと耐火レンガを積んでいきます。担当者曰く、夏は涼しく、冬は暖かいとか。

最終仕上の耐熱塗装は、シルバー色に。晴れの日にこの色が、大変美しく見えます。目立ちすぎると言われることもありますが……。

STEP
06

納品・試運転

安全第一に、納品致します。ご使用いただく担当者様に、運転方法・禁止事項・上手な燃やし方・メンテナンスの仕方など、細かに納得いただくまで実施致します。

STEP
07

点検

後日お伺いし、ご使用状況など確認し点検致します。

STEP
08

アフターメンテナンス

メンテナンス部品に関しましては、基本的にお客様にて実施していただけるような構造にしてあります。
お客様にて実施が困難な場合、営業担当者が年に数回伺わせていただきますので、その時に実施致します。
アフターメンテナンスの煙突交換や溶接補修など、特殊な工具・材料が必要な場合や緊急を要する場合は、サービス担当者が直接実施致します。

PICK UP消耗品

※焼却炉の使用頻度、焼却物の種類・量、使用状況、メンテナンスによりかなりの差があります。

  • 耐火レンガ、耐火キャスタブル
    耐火レンガは積換えが可能で、耐火キャスタブルは専用の補修材で対応できます。
  • 燃焼バーナー
    フレームアイ(燃焼状態を感知するもの)、ノズルは交換できます。
  • 投入、灰出扉用パッキン
    交換できます。
  • 煙突、分離羽、中筒等
    年々肉厚が薄くなり穴が開いたり変形したりしますが、交換可能です。
  • 温度センサー
    交換できます。
  • ロストル
    交換できます。
トップへ