製品ラインナップ/
水冷式
LINE UP

おが屑・かんな屑の自動焼却に最適

SSJ-500A

構造基準適合・ダイオキシン類対策特別措置法対応
届出不要
※消防署への設置届けは必要です。

用  途
木工所・製材所・プレカット工場
主な焼却物

※プラスチックは総量の10%未満が燃焼可能

定量自動投入+手投入

木材加工により排出される木屑を、定量ずつ燃焼室に自動投入して安定燃焼させます。また手投入用定量装置からも、木片や紙屑を投入し焼却できます。

オプション
月々燃料費
ドラム缶約7本、
CO2杉の木約240本分を削減

灯油129,500円・CO2 3,400kg
工場暖房・製品乾燥・ボイラー供給にお湯を利用できます。さらに、水缶内にステンレスパイプを設けることで(オプション)給湯・解凍・飲料などにきれいなお湯も利用できます。

給湯 75,000kcal(87.2kW)
※家庭用給湯器1台分以上
CO2排出係数 2.51-CO2/L
灯油 11,000kcal×0.8(比重)
=8,800kcal 65円/L
稼働時間 1日8時間×月20日間
杉の木1本あたりの
CO2吸収量
約14kg/年間

水冷構造

炉本体が水冷式のため長時間の連続運転が可能です。

SSJ-500A 仕様

  • SSJ-500A
SSJ-500A
火床面積 0.48m2
内容積 0.77m3
焼却能力 48kg/h
総重量 5,700kg
缶水量 1,280L
消費水量 180L/h
外寸 2,675W×4,010L×7,600H
投入・制御盤扉開時外寸 2,675W×4,410L
一次燃焼室 Ф780×1,600H
投入口 600W×600H
灰出口 400W×400H
投入装置 300W×300L×300H
煙突 Ф390・7,600H(地上高)
電圧 3相200V
電源 50A
押込ブロワ 0.4kw
吸引ブロワ吸引ブロワ 2.8kw
二次燃焼バーナー 0.25kw・20L/h
熱電対 K仕様
制御盤 ブロワ(タイマー付)・バーナーファン(タイマー付)・バーナー(タイマー付)・水位警報器
オイルタンク 198L・白灯油
給水 15A ボールタップ制御
オーバーフロー 25A
排水 50A
熱交換器接続口 198L・白灯油
ランニングコストについて ◎1ヶ月のランニングコスト(標準仕様)
※1日に8時間運転で、20日間使用での計算です。
  • 電気代(100v):8,400円
  • 灯油代:実際の運用では、1日に30分程度運転した場合(着火時、各投入時) 灯油60円/Lとして 12,000円
  • 水道代:4,300円
  • 灰処理費:処理業者さんとの契約条件によりますが、年1回(¥30,000/t) 委託するとして2,500円
  • 測定費(焼却灰):測定業者さんとの契約条件によりますが、焼却灰を処理するとき 測定が必要になりますので、¥200,000/回として 16,700円
※金額は焼却条件・契約条件により前後します。
  • 製品改良のため仕様を変更することがあります。
  • 条例により、一部届出が必要な地域があります。
  • 焼却能力は、発熱量16.7MJ(4000kcal)として算出しています。

サンヨーの焼却炉は使い方もシンプルです
安全に使用するための5工程


  • ゴミ投入

  • 着火

  • 扉を閉めてスイッチをオン
    レバーを上げる

  • タイマーをセット
    焼却完了

  • 翌日、火が消えたことを
    確認後、灰を出す。
トップへ